<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

子規と『當生書生氣質』

福沢諭吉は「学問のすすめ」(明治5~9年)で基本的人権の尊重の確立と実学の尊重を解き、立身出    世 の可能性を
    「ただ学問を勤めて物事をよく知る者は賢人となり富人となり」
として学生たちの存在基盤を示していました。
  
父親を早く亡くした子規は叔父大原恒徳を後見人として、母方の祖父大原観山の薫陶を受けて育ちまし   た。建て増しをした時に三畳の勉強部屋が造られたのも子規の将来への期待があったからです。財産が  無ければ学問を積んで身を立てるしかない当時、子規もまた勉強家たるべく道を進むことになります。
漢詩少年として回覧雑誌「桜亭雑誌」を作り、「香雲」と勉強部屋に扁額を掲げていた子規は、自由民権運  動の盛んな中学時代は弁論に熱中しました。時として学業をそっちのけにする子規のエネルギーもこの部屋を拠点に渦巻きました。

又従兄弟の三並良が先に遊学していましたので、松山に居て子規の気持ちはひたすら東京へ向か ってい ました。子規は
   「学べば庶民の子も亦公卿となるべく仮令(たとひ)公卿となるを欲せざるも社会の上流に立つを
    願ふ者に有之候へば学問して其域に至るの手段を為さざるべからず。」
と叔父加藤拓川に遊学の助けを願い出ていましたが、やがて念願が叶うことになりました。

松山中学を退学して遊学した子規の、自分の何を持って世の中に出るかの模索と、子規の内から湧き出  してくる力とのせめぎ合いは東京に舞台を移して本格的に始まりました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  
    「明治16年6月14日余ハはじめて東京新橋停車場につきぬ人力にて日本橋區濱町久松邸まで
    行くに銀座の裏を通りしかバ東京はこんなにきたなき處かとおもへり」(「筆まかせ」明治17年)

子規にとって東京は刺激の坩堝でした。
東京大学予備門の予備校、共立学校で学びながら子規は新しい書物とも出合って行きます。
東京で為永春水の人情本を知りますが「まだ深入りするには餘り子供らしかった」と、寧ろお茶の水の図書館へ行って『梅墩詩抄』(ばいとんししょう)を読みふけりました。17年に矢野龍溪の『經國美談』が出版され世に喧伝されると、一円以上するその本を友人と出し合って一部買い、「馬琴の著述以外に一歩も踏み出した事のない」子規は大きな感動を与えられました。

子規の髄筆「天王寺畔の蝸牛蘆」(明治35年)は、そんな子規の読書の変遷を、『風流仏』で幸田露伴の   崇拝者となるまでを書いています。その中でも坪内逍遥の『當世書生氣質』との出合いが
   
    「かやうな面白いものがよくも世の中にあったものよ」
    「文章の雅俗折中的なる所から、趣向の寫實的でしかも活動しているところから、其上に從來の
    小説の如く無趣味なものでなく或る種の趣味を發揮してをるところから、何れ一つとして余を驚か
    さぬものは無かったのである。」

と記されています。
 
明治17年の夏、東京大学予備門(19年に第一高等学校と改称)の入試を前にして、子規は進文学舎で   坪内逍遥に英語を習いました。
英文学を修めた坪内逍遥は英文学の理論を基に小説論『小説神髄』を明治18年に世に出し、その実践としての『當生書生氣質』を刊行。勧善懲悪を否定し、小説は人情を描くべきで世態風俗の描写がこれに次ぐとして、その方法として写実主義を唱えました。 実際に会った人物の著述を読むことは、子規にとっては当時の東京の息吹を生に感じることだったかも知れません。

坪内逍遙は『當世書生氣質』で
  
   「富も才智も輻湊(ふくそう)の、大都会とて四方より、入こむ人もさまざまになる、中にも別て数多き
   は、人力車夫と学生なり。 おのおの其数六万とは、七年以前の推測計算(おしあてかんじょう)方。
   今はそれにも越えるべし。到る処に車夫あり、赴く所に学生あり。」  *輻輳・・集まること

と明治15年前後の東京を描き出しました。
正岡子規もその学生達の中の一人でした。

『当世書生氣質』は書生たちの言動を会話体で自由闊達に表現しました。その学業と暮らしぶりはまた自由闊達、偶然に友人と会えば其処で一杯、お金は凡そいつも無い、というような軽妙な展開を随所に見せながら、書生たちの巣立ちを描き出した『当世書生氣質』はまさに書生たちにとっての同時代小説でした。

                                                                  
「筆まかせ」(明治22年)で
  「飛び立つ如く面白く思ひ斯くの如き小説も世にはありけるよと幾度も読み返してあくことを知ら
  ざりき」
  と書きながら更に
  「書生に向っては愉快なれども一個の小説としては餘り幼稚なり」 

と記す見識を子規は持っていました。逍遥の著述を『該撤奇談』『妹と背鏡』『未來の夢』『松の内』『細君』と読み続けていたからです。
この頃の子規は、自分の嗜好は詩作や文章を書くことにあるが、詩人画師などは一生の目的にはならないと思っていること、哲学や文学というものの名前さえも知らなかったこと、好きな学問を見出せば自然と目的が定まり、その好きなものを発達させるように導くことが必要だ、との考えを記しています。

明治23年大学に入学した子規は、詩歌書画などの美術を哲学的に論議する審美学を志して哲学科に学び、やがて明治24年に日本文学科に転科、何を持って世の中に出るかの模索を続けます。
俳句分類を始めたのもこの頃です。
明治25年には小説「月の都」の執筆に励み幸田露伴の評を仰ぎ挫折します。
上根岸に転居した子規は陸羯南主宰の新聞「日本」に「かけはしの記」を連載し、漢詩人へと活路を求めつつ、続く連載は「獺祭書屋俳話」、それは三十八回と回を重ねました。
熱中すると学業をそっちのけにする子規は大事な学年試験の勉強中にランプの笠につぎつぎ思い浮かぶままに俳句を書きとめてしまいます。
子規は落第し退学します。

明治25年12月1日、子規は新聞「日本」の記者として社会に出ることになりました。明治21年の喀血によって自分の人生をあと十年と見定めたこともあったようです。

明治25年に子規は夏目漱石と坪内逍遥の大久保の家を訪ねています。
  
九月二十六日 登校。与漱石訪逍遙子於大久保。

       夕月に萩ある門を叩きけり           (「獺祭書屋日記」)




参考図書  『時代別日本文学事典近代編』有精堂
        『注解日本文学史 』 中央図書
        『当世書生気質』 岩波文庫
       『正岡子規の楽しむ力』 坪内捻典著 NHK出版
        『子規全集』12巻   講談社
        『子規三大随筆』 講談社学術文庫 
        『明治文学全集53正岡子規集』 筑摩書房                                      


                                      (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2013-04-15 06:57


正岡子規に学ぶ


by hakusanfu-ro

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

最新の記事

花木槿雲林先生恙なきや   子規
at 2014-12-06 06:02
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-09-11 10:08
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-06-27 11:51
『子規句集』と『子規の俳句』 ②
at 2014-04-28 07:03
子規の「平気」~『子規句集』..
at 2014-04-17 10:24

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧