<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

閑話・・子規と柿

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 明治28年

子規に「くだもの」という随筆文があります。明治34年の春の執筆ですから、病床であれこれと果物のことを考えて書いたのです。(筑摩書房・現代日本文学大系「正岡子規」より)
その中の「くだものと余」というところには・・子供の頃から好きだった、と言い、
「書生時代に・・二ケ月分の学費が手に入つて牛肉を食ひに行ったあとでは、いつでも果物を買ふて来て食ふのが例であった。大きな梨ならば六つか七つ、樽柿ならば七つか八つ、蜜柑ならば十五か二十位食ふのが常習であった」
と記述しています。買い置くのではなく、一度にそのくらいは食べてしまう、ということなのです。若いころとはいえびっくりする量です。
この「くだもの」の最後に、明治28年に奈良の宿に泊まったときに食べた柿のことが詳しく書かれています。
千惠子さんの子規の年表をご覧いただけば、その時期が子規の生涯のどこにあたるかが解ります。
おおよその内容は(引用部分はそのまま写しました)

 病気療養していた故郷から上京する途中の十月末に、三日ほど奈良に滞在。柿がたくさんある奈良の風景に魅了された。そして、宿でその「御所柿」をたくさん持ってこさせて食べる。下女が、一尺五寸もあるような大丼鉢に山のような柿を持ってきて、それを剥いてくれた。
「・・やがて柿はむけた。それを食ふてゐると彼は更に他の柿をむいてゐる。柿も旨い、場所もいゝ。余がうつとりとしてゐるとボーンといふ釣鐘の音が一つ聞えた・・あれはどこの鐘かと聞くと、彼女は、東大寺の大釣鐘が初夜(そや)を打つのであるといふ・・」
東大寺は宿のすぐそば、東大寺が自分の頭の上にあるような位置だったのです。

※初夜・・戌の刻、またその刻におこなう勤行。

柿くへば鐘が鳴るなり東大寺・・だったのです。

果物の中でも一番好きだった柿。さて、法隆寺の句以外の子規の「柿食ふ」句は、というと

柿くふや道灌山の婆が茶屋    明治29年
淋しげに柿くふは碁を知らざらん 明治31年
柿もくはで随文随答を草しけり   明治32年
柿くふも今年ばかりと思ひけり   明治34年
                    以上、「寒山落木」より
※「随文随答」は、「ほととぎす」に連載した、俳句に関する一問一答の欄だったようです。

本当に好きだったのですね。最後の句の翌年には柿を食べることなく世を去りました。心残りだったことが思われます。

歳時記(角川書店)に、こんな句があります。

柿食へと天よりの声子規波郷   草間 時彦

私自身のこと。
子規の人生より倍も生きてしまいましたので、生まれてから今までに数多くの果物を食べました。異常なほど果物好きの子規の食べたものよりも、種類は多いことでしょう。でも、最近は「果物で何が好き?」と問われたら多分「柿に勝るものはない」と答えるでしょう。
美味しい、と思う果物のあれこれを食べてきて、結局は子供のころに親しんだ柿へ戻ってしまったのです。さて、来年も食べられるように私は元気で居なくては。

「子規と果物・食べ物」については、また考察したいと思います。 (玖美子記)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2012-11-07 16:35

子規庵

9月19日の子規忌に
久しぶりに子規庵へ行ってみました。

子規庵保存会が遺品展を開いていて、八畳間と六畳間に、墨、硯、文鎮、落款、
千枚通し、舶来の黒眼鏡、ランプなど、子規の愛用品が公開されていました。

籠に一羽の鶉がいました。
豆腐料理「笹乃雪」の社長さんが飼っている鶉を借りているそうで
「鶉も毎日子規庵に出勤しているんですよ。」と保存会の人が教えてくれました。

その傍らに子規が描いた「鶉」の絵が添えられています。
明治32年春、高濱虚子から貰った鶉はつがいでした。後年子規が鶉を描いた時には
すでに一羽になっていましたが、子規は鶉を寄り添わせて二羽描きました。

糸瓜棚の向こうに白萩と鶏頭の花が咲いています。

今までは子規庵に上がると、終焉の六畳間に座って机と糸瓜棚を見てから
庭を歩いて帰って来ていましたが、今回は
六畳間の襖隣の四畳半が律さんの部屋であったこと、八重さんは御台所脇の
三畳間に就寝されていたこと、を教えていただきました。その三畳間には
『獺祭書屋俳句帖抄上巻』が硝子ケースの中に展示されていました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

河東碧梧桐の回想によると

明治35年9月18日の午前11時頃、
律が画板を支えると、子規も自分の左手で画板の下を持って、
板に貼った唐紙に墨で糸瓜三句を書く・・

糸瓜咲いて痰のつまりし佛かな   (紙の真中に)

痰一斗糸瓜の水も間にあはず    (左に)

をととひのへちまの水も取らざりき  (右の余白に)

の順番で書いて、
子規は筆を置くことも大儀そうに筆を持ったままにしていて
穂先がシーツに落ちて墨のが痕がついた・・・


碧梧桐は子規の筆跡の確かさから、まだ死を予想できずに
『ホトトギス』の校正をするために帰りました。

絶筆三句が書かれた唐紙は東京国立博物館に保管され
子規庵の庭にはこの三句の句碑があります。
雄渾ともいえる子規の筆跡です。

明治35年9月19日午前1時頃、子規は永遠の眠りにつきました。  

子規の亡きあと、八重さんと律さんが住み、
やがて律さんが裁縫を教えながら住んだ子規庵。
昭和20年の空襲で子規庵は焼失しましたが、
子規の蔵書、資料は子規庵の庭の蔵に保存されて戦火を潜ることができました。
子規庵の隣に住んでいた寒川鼠骨(さむかわそこつ)が建てた蔵です。
今の子規庵は鼠骨が中心になって昭和26年に建て直されたものです。  


                                  
  参考 「子規庵友の会だより」第5号(8月25日発行)
      子規庵「年表」
      『子規全集』第22巻年譜、別巻2  講談社
                                 (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2012-11-07 09:10

『寒山落木』 常磐会寄宿舎

子規の年譜(講談社『子規全集』22巻)は520頁余に子規の行動が記録され、
35年間の短い生涯の密度の濃さに圧倒されます。明治の意気盛んな書生たちの
交流の記録には小説を読むような眩しさがあります。
ここでは『寒山落木』時代に限って主なる事項を記します。

明治20年9月     第一高等中学校本科一年に進学
明治21年8月1日頃 頼朝の墓から鎌倉宮へ雨の中を歩く途中に喀血
明治21年9月下旬 子規、常磐会寄宿舎に入る
明治22年5月9日  夜突然の喀血。翌10日肺病と診断される 夜再び喀血
              「時鳥」の題で四、五十句作句、「子規」と号す
明治22年5月     内藤鳴雪が常磐会寄宿舎監督となる
明治23年2月     常磐会寄宿舎で「紅葉会」を開催 「つづれの錦」第一集を共同で製作
              七集まで続く
同 7月         第一高等中学校卒業 9月文科大学哲学科に入学
明治24年2月     文科大学国文科へ転科
同、12月        本郷駒込に転居
同 冬          俳句分類丙号に着手する
明治25年2月     下谷区上根岸、陸羯南(くが かつなん)居西隣に転居
              「月の都」の批評を幸田露伴に求め、その結果小説家を断念する
明治26年       日本新聞社員として、母妹とともに上根岸で新年を迎える
明治27年2月     陸羯南居の東隣に転居
同 秋          自選句稿『寒山落木抄』成る
明治28年4月     近衛連隊付記者として日清戦争に従軍 
   5月17日     帰国する途上の船端で喀血    ~神戸須磨で療養松山へ 
   10月末      帰京の途中旅行を楽しみ奈良に寄る
明治29年        子規庵の新年句会に鷗外、漱石が参加
              この年 子規唱道の新俳句が文壇の新勢力となる


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新海非風、五百木(いおき)瓢亭、竹村黄塔、勝田明庵、藤野古白たちに、詩文好きの
舎監内藤鳴雪も加わって常磐会寄宿舎の「紅葉会」が続きました。
旧派月並み俳句に入門をしていた子規が一番俳句に精通していましたし、
性格的にもリーダーシップを発揮できるのは子規、また論客として一目置かれて
いたのも子規でした。

  
「余はとかくはなしずきにて~~学問の話はしやべりて後に益あること度あり、
~~そのことを口に出して思ひし丈の理屈をならべてしまうと、その時に又
一歩進んで、先の道理を発明すること数々なり 或は時として名言を発する
こともあるものなり」
(『筆まかせ』「話しずき」明治22年)と書いていることでも想像できます。

ここに高濱虚子、河東碧梧桐も参加して来ました。

子規に誘われ感化された友人後輩たちは、旧派月並み俳句も知らず、何物にも拘束されない
斬新な詠み方で子規を刺激しました。子規はその影響を受けながら次第に月並み俳句から
脱して行きます。「俳句は座の文学」と納得する句会本来の姿がここに表出しました。
書生達の熱気あふれる句会は『寒山落木』の俳句数を増す原動力となりながら、
近代俳句発祥の地となりました。

明治24年から子規は古来の発句を蒐集分類する目的で「俳句分類」に携わります。
多種多様の俳句の可否を判別する仕事を進めて行った子規は、この「俳句分類」を
通して自らの審美眼を培ったと言われています。

『寒山落木』は26年に2998句の俳句が季語別に掲載され、
29年まで同様に季語別に編纂されて行きます。
『寒山落木』27年(1965句)、28年(2836句)、29年(2994句)、
それぞれ「子規未定稿」、「子規子稿」、「俳句稿」と書き添えていることから、
子規自身が「稿本」と意識していたことが伺えます。

子規は模倣を嫌いました。類句を見つけ、それが自分の句よりも先に詠まれた
とわかると、きちんと自分の句の上に記しています。例えば28年春の

  とりつきて浮木に上る蛙かな  の子規の句の上に
  とりつきて浮木争ふ蛙かな   鳴雪         とあるようにです。

子規は『寒山落木』の25年から29年までの自選句集『獺祭書屋俳句帖抄上巻』(俳書堂)を刊行します。
子規が亡くなった年、明治35年4月のことです。


参考図書  『子規全集』2巻 22巻年譜、 講談社
        『日本詩人全集2』解説  新潮社
        『新日本古典文学大系明治編27正岡子規集』 岩波書店
        『日本近代文学大辞典』 日本近代文学館
        『日本文学辞典』 新潮社                               
                                    (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2012-11-06 10:13

『寒山落木』 子規の俳句入門

雪ふりや棟の白猫聲はかり 

これは明治18年1月8日竹村鍛宛の書簡に書かれている子規の句で、
現在のところ子規の初めての俳句と推定されるものです。
子規が明治17年頃には俳句に親しんでいたとされる所以です。

明治17、18年頃 神田猿楽町の下宿で、子規は貸本屋から発句に関する本を借りては読み、
友人と俳句を作っていたようです。自分が面白いと思えば人を巻き込む子規気質とでもいいま
しょうか、愉快な思い出も残されています。

「~略~ 同寓者にも頻りに作句をすゝめ自分らが遊びに行きても是非遣れ遣れと強ゆるので
みな弱つてゐた。僕には発句はできない何卒免しておくれなどと山内が泣きを入れて大笑ひに
なつたこともあつた。」(柳原極堂)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


明治20年、正岡子規は郷土松山へ帰った折り、旧派宗匠大原其戎に師事しました。
月並み俳句を批判して俳句革新を唱えた正岡子規、
その俳句の出発点は旧派月並み俳句でした。

大原其戎の『真砂の志良邊』(明治13年1月刊)に子規は投句を始め、
其戎没後は其然について投句を続けました。
「丈鬼」は本名「常規」を音読みにした号です。

虫の音を踏わけ行や野の小道     松山 正岡(明治20年8月)
       虫の音をふみわけて行く小道哉 と添削     『寒山落木』抹消句
 
 
初汐やつなくところに迷ふ舟      在東京 丈鬼(20年9月)『寒山落木』収
 
 
枝村へまて甘ほしの續きけり      東京 丈鬼 (20年10月)
       甘干の枝村かけてつゝきけり と添削         『寒山落木』収
 
 
友は皆寄てなれしかはしら鮓      東京 丈鬼(21年5月) 
 
 
障子越し青みの移るはせを哉     東京 丈鬼(21年8月)
       青々と障子にうつるはせを哉  と添削       『寒山落木』収
放生會して心よくぬる夜かな       東京 丈鬼 (23年8月) 


『真砂の志良邊』誌上に掲載された子規の俳句は44句、
このうち19句が『寒山落木』に収められました。

大原基戎に師事したことで子規は俳句を作る筋道を学び、
この時期に短詩型に潜む広がりを感得したと言われています。


  参考図書 『子規全集』1巻、1巻参考資料 解題、22巻 講談社
         『日本詩人全集2』 新潮社                        
                                 (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2012-11-05 08:49

『寒山落木』 子規と漢詩

『寒山落木』の書名について子規は明らかにしていません。

少年時代から漢詩句を書写しながらじっくり親しんで来た子規独自の着想で
子規の趣味の反映と考えられています。

『寒山落木』の22年の年次の上に題された「寒山枯木」の文字、
これが句稿の最初の名前だったと推定され、句稿を整理し直して
明治23年の夏か秋に『寒山落木』と改めたのではないか、と考えられています。
年譜・明治22,23年の項に
 「中國日本の漢詩人の作品を広く集めて書写、『随録詩集』を編む。」
とある、その時期です。

子規は、若い頃から一年中で秋が一番好きだった、と語っていたそうです。
清涼な気配が冴えましてゆく秋、晩秋となれば寂々とし、やがて葉を落とした山の木々が
その姿を明らかにします。「落木」の語を得た「寒山」が泰然として見えるようです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


8,9歳のころから外祖父大原観山のもとに漢詩の素読に通っていた子規は
明治11年(12歳)土屋久明に師事して漢詩の作法を習い、

明治13年には吟友5人で金曜日の夜ごとに「同親会」を開いて
河東静渓(碧梧桐の父)の添削を受けながら回覧雑誌を作っていました。

子規が詩歌に心を向けたきっかけは漢詩でした。

加藤楸邨氏は

「後年の子規に見られる明快率直なその発想と、それにともなう歯切れのよい声調を培った
ものの一つに、この幼年期から青年期にかけての漢詩制作があずかって力あったもの
ということができよう。」と書き、

21年 青々と障子にうつるはせを哉
22年 白砂のきらきらとする熱さ哉
23年 菜の花やはつとあかるき町はつれ   
 
                (『寒山落木』収)
                    
を例に揚げています。

漢詩的発想と声調は、子規本来の、渋滞することが嫌いで明快な行き方を好む先天的な資質と、
時代の合理主義的な思考と相絡んで、後年の短詩文学の世界を形成していったようです。

子規自身が詠んだ「寒山」として

寒山拾得賛
箒木やありといはれて消えかかる (25年抹消句)


傚寒山體 
路到寒山盡 寒山古木多 風高斷雞唱 雲冷起樵歌
去來本無意 向上竟如何 又下寒山路 寒山古木多 (「漢詩稿」明治28年)

が確認されています。


参考図書 『子規全集』1巻 、22巻 講談社
         『日本詩人全集2』 新潮社
                            

                                    (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2012-11-01 12:29


正岡子規に学ぶ


by hakusanfu-ro

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

最新の記事

花木槿雲林先生恙なきや   子規
at 2014-12-06 06:02
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-09-11 10:08
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-06-27 11:51
『子規句集』と『子規の俳句』 ②
at 2014-04-28 07:03
子規の「平気」~『子規句集』..
at 2014-04-17 10:24

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧