花木槿雲林先生恙なきや   子規


寒さが増す今日この頃、ふっと松山空港に着陸する時に視界を過ぎった青い海を思い出します。
「宇多喜代子・黒田杏子道後俳句塾」へ参加した、まだ秋暑しの頃の海の色です。

9月14日道後公園駅前は秋祭りの神輿に賑わっていました。
道を尋ねると、すぐ近くとのこと、やがて広やかな道路前方に松山市立子規記念博物館が見え、
正面外壁に縦長の白布が掲げられているのが見えました。

  花木槿雲林先生恙なきや   子規

「子規の今月の句」です。
明治28年10月2日、松山に帰省していた子規が近くを通りながら雲林先生を思って詠んだ俳句です。
子規は外祖父大原観山の他にも河東碧静渓や元松山藩士で漢詩学者の浦屋雲林に漢詩を習い、
南画の影響も受けながら育ちました。
上京してからも子規は雲林先生の添削を受けていました。


   松山や秋より高き天主閣  子規

子規記念博物館二階の展示室へ行くと、赤い屏風に仕立てられたこの俳句に迎えられ、「ああ松山に来た」
との思いがあらためて湧き上がりました。
根岸子規庵が上京後の子規の活動の場、終の棲家であったことを一方に、松山市立子規記念博物館は松山の風土と文学を紹介しながら子規の時代と子規の生涯を語り、子規の目指したものを示してくれていました。正岡子規を育てた松山の地がいつも子規を受け入れるべくおおらかにそこに在ったことを思いました。

『寒山落木』が展示されていて硝子の内側から青い光を放っているように見えます。
子規が描いた絵を見ていると「神様が草花を染める時も矢張こんなに工夫して楽しんで居るのであらうか。」という子規の言葉が蘇って来ます。子規はなんと佳い絵を描いていたのでしょう。温かみある筆致と美しい色彩に見入りました。館内の愚陀楽庵の畳に座ると周囲の景色が消えて一軒を棲み分けた子規と漱石の顔が浮かんで来るのでした。


  十年の汗を道後の温泉に洗へ  子規

俳句塾の最初に竹田美喜館長の講演がありました。「温泉」は「ゆ」と読みます。
明治29年、同郷の後輩・小川尚義(なおよし)が大学を卒業し帰省する際に、短冊にして贈った送別句です。謡曲を通じて親しくなった二人。尚義の卒業を祝い、脚気を患った尚義の苦労をねぎらう子規の気持ちが表れています。

    
  伊予の湯の汀にたてる霊の石これぞ神代のしるしなりける   古歌

伊予の湯は古代より「不老長生の湯」と言われて来ました。子規も上京を明日に控えた夜、遅くなってから道後を訪ね入浴したと、明治16年6月9日の漢詩に記しています。松山の人は何かの折に身を清め、大事な節ごとに心身を清めるために温泉に入るそうです。松山の人にとって十分に納得できる俳句なのです。

今、手元に『宇多喜代子・黒田杏子の道後俳句塾2014作品集』があります。テープ起こしをして編集された貴重な二日間の全記録です。松山市立子規記念博物館は郷土の伝統を礎に新しい文化を創造するために昭和56年に開設されました。今年で十年目になった「道後俳句塾」は毎年寶巌寺を定点観測して来たそうです。昨年8月10日一遍上人像は完全焼失しましたが、寶巌寺の再建着工の話が決まり跡地に杭が打たれていました。火災から山門を守った銀杏大樹が銀杏をしきりに降らせていました。

  春や昔十五万石の城下哉   子規

松山城へ向かう道沿いのビルの壁面に書かれていた俳句です。ここでも松山の人々の心ばえを感じました。天主閣から瀬戸内海の光と松山市街を望み、そして「子規堂」を訪ねることにしました。

「子規堂」は子規が上京するまで住んでいた家です。大正15年(1926)、子規の文学仲間だった正宗寺住職の仏海禅師がその家を境内に残しました。二度の焼失に合い、柳原極堂の記憶を基に建て直されて文学資料館になっています。
「香雲」の扁額を掲げた子規の勉強部屋が特に印象に残りました。扁額と机一つだけの部屋ですが、その狭い空間に本が積まれ、反故の紙類が散乱する様を想像するのも楽しいことでした。子規は漢詩を作り回覧雑誌を作り、友人と論議し、演説の草稿を考え、南画を描き、画家になることも考えたのでした。母親の八重さんは画家になることには反対したそうなのですが。

秋から冬へ季節は移りました。
現在、松山市立子規記念博物館の壁には12月の「子規の今月の句」が掲げられています。

  梅活けし青磁の瓶や大三十日    子規


         参考図書
         『子規の絵』 松山市立子規記念博物館  便利堂
         『宇多喜代子・黒田杏子の道後俳句塾2014作品集』 
                      松山市立子規記念館友の会

                                              (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2014-12-06 06:02


正岡子規に学ぶ


by hakusanfu-ro

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

最新の記事

花木槿雲林先生恙なきや   子規
at 2014-12-06 06:02
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-09-11 10:08
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-06-27 11:51
『子規句集』と『子規の俳句』 ②
at 2014-04-28 07:03
子規の「平気」~『子規句集』..
at 2014-04-17 10:24

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧