『寒山落木』 常磐会寄宿舎

子規の年譜(講談社『子規全集』22巻)は520頁余に子規の行動が記録され、
35年間の短い生涯の密度の濃さに圧倒されます。明治の意気盛んな書生たちの
交流の記録には小説を読むような眩しさがあります。
ここでは『寒山落木』時代に限って主なる事項を記します。

明治20年9月     第一高等中学校本科一年に進学
明治21年8月1日頃 頼朝の墓から鎌倉宮へ雨の中を歩く途中に喀血
明治21年9月下旬 子規、常磐会寄宿舎に入る
明治22年5月9日  夜突然の喀血。翌10日肺病と診断される 夜再び喀血
              「時鳥」の題で四、五十句作句、「子規」と号す
明治22年5月     内藤鳴雪が常磐会寄宿舎監督となる
明治23年2月     常磐会寄宿舎で「紅葉会」を開催 「つづれの錦」第一集を共同で製作
              七集まで続く
同 7月         第一高等中学校卒業 9月文科大学哲学科に入学
明治24年2月     文科大学国文科へ転科
同、12月        本郷駒込に転居
同 冬          俳句分類丙号に着手する
明治25年2月     下谷区上根岸、陸羯南(くが かつなん)居西隣に転居
              「月の都」の批評を幸田露伴に求め、その結果小説家を断念する
明治26年       日本新聞社員として、母妹とともに上根岸で新年を迎える
明治27年2月     陸羯南居の東隣に転居
同 秋          自選句稿『寒山落木抄』成る
明治28年4月     近衛連隊付記者として日清戦争に従軍 
   5月17日     帰国する途上の船端で喀血    ~神戸須磨で療養松山へ 
   10月末      帰京の途中旅行を楽しみ奈良に寄る
明治29年        子規庵の新年句会に鷗外、漱石が参加
              この年 子規唱道の新俳句が文壇の新勢力となる


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新海非風、五百木(いおき)瓢亭、竹村黄塔、勝田明庵、藤野古白たちに、詩文好きの
舎監内藤鳴雪も加わって常磐会寄宿舎の「紅葉会」が続きました。
旧派月並み俳句に入門をしていた子規が一番俳句に精通していましたし、
性格的にもリーダーシップを発揮できるのは子規、また論客として一目置かれて
いたのも子規でした。

  
「余はとかくはなしずきにて~~学問の話はしやべりて後に益あること度あり、
~~そのことを口に出して思ひし丈の理屈をならべてしまうと、その時に又
一歩進んで、先の道理を発明すること数々なり 或は時として名言を発する
こともあるものなり」
(『筆まかせ』「話しずき」明治22年)と書いていることでも想像できます。

ここに高濱虚子、河東碧梧桐も参加して来ました。

子規に誘われ感化された友人後輩たちは、旧派月並み俳句も知らず、何物にも拘束されない
斬新な詠み方で子規を刺激しました。子規はその影響を受けながら次第に月並み俳句から
脱して行きます。「俳句は座の文学」と納得する句会本来の姿がここに表出しました。
書生達の熱気あふれる句会は『寒山落木』の俳句数を増す原動力となりながら、
近代俳句発祥の地となりました。

明治24年から子規は古来の発句を蒐集分類する目的で「俳句分類」に携わります。
多種多様の俳句の可否を判別する仕事を進めて行った子規は、この「俳句分類」を
通して自らの審美眼を培ったと言われています。

『寒山落木』は26年に2998句の俳句が季語別に掲載され、
29年まで同様に季語別に編纂されて行きます。
『寒山落木』27年(1965句)、28年(2836句)、29年(2994句)、
それぞれ「子規未定稿」、「子規子稿」、「俳句稿」と書き添えていることから、
子規自身が「稿本」と意識していたことが伺えます。

子規は模倣を嫌いました。類句を見つけ、それが自分の句よりも先に詠まれた
とわかると、きちんと自分の句の上に記しています。例えば28年春の

  とりつきて浮木に上る蛙かな  の子規の句の上に
  とりつきて浮木争ふ蛙かな   鳴雪         とあるようにです。

子規は『寒山落木』の25年から29年までの自選句集『獺祭書屋俳句帖抄上巻』(俳書堂)を刊行します。
子規が亡くなった年、明治35年4月のことです。


参考図書  『子規全集』2巻 22巻年譜、 講談社
        『日本詩人全集2』解説  新潮社
        『新日本古典文学大系明治編27正岡子規集』 岩波書店
        『日本近代文学大辞典』 日本近代文学館
        『日本文学辞典』 新潮社                               
                                    (千惠子)
[PR]
by hakusanfu-ro | 2012-11-06 10:13


正岡子規に学ぶ


by hakusanfu-ro

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

最新の記事

花木槿雲林先生恙なきや   子規
at 2014-12-06 06:02
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-09-11 10:08
鶏頭の十四五本もありぬべし ..
at 2014-06-27 11:51
『子規句集』と『子規の俳句』 ②
at 2014-04-28 07:03
子規の「平気」~『子規句集』..
at 2014-04-17 10:24

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧